京都国立近代美術館にて「技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」展覧会開催

2017.02.01

1

京都国立近代美術館にて4月29日~8月6日までの期間、独自のスタイルと優れた技術で知られる「ヴァン クリーフ&アーペル」のハイジュエリーと京都の伝統工芸を対比した日仏の熟練技術の粋を紹介する「技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」を開催する。

本展覧会は「技を極める」という点に着目し、日本とフランスの熟練の技の対比と融合により構成。ヴァン クリーフ&アーペルの美しい宝飾やデザインの変容とあわせて、超絶技巧が集約された明治・大正期の日本の工芸作品を展示し、日仏の技を対比させる。建築家 藤本壮介さんの設計による会場には、「文化の融合と未来」をテーマに、本展のための特別出品として人間国宝(重要無形文化財保持者)によるコラボレーション作品も展示する。

会期は4月29日~ 8月6日、9時半~17時。金曜日は20時まで(入館は閉館30分前まで)となる。休館日は月曜日(臨時休館あり)。

公式HP