ティファニー、ビエンナーレ出展アーティストとコラボレーション商品を発表

2017.02.15

1

ティファニーは、2017年、2019年、2021年の3回にわたり、NYのホイットニー美術館で開催されるホイットニー・ビエンナーレに協賛する。

ホイットニー美術館は、コンテンポラリーアートの最高峰といえる作品を集め、アメリカで最も創造力に富むアートを支持してきた。

317日~611日まで開催される今年のビエンナーレは、同美術館がマンハッタンのミートパッキング・ディストリクトに移転後の初開催となり、絵画、彫刻、スケッチ、インスタレーション、映像、写真、アクティビズム、パフォーマンス、音楽、ビデオゲームデザインといった幅広い分野のアーティストやアーティスト集団を紹介する。

ティファニーは、ホイットニー・ビエンナーレ開催に際して、5名の出展アーティストとコラボレーション商品を発表。5名のアーティストは各自の作品とコラボレーション商品を組み合わせて、五番街のティファニー ニューヨーク本店においてウィンドウディスプレイをデザインする。