LEXUS、「SKYJET」を用いたテクノロジーアートを展示

2017.02.16

2

LEXUSは、211日~312日まで開催されるMEDIA AMBITION TOKYO (MAT)に、テクノロジーアート「TOKYO LIGHT ODYSSEY :future by LEXUS」を六本木ヒルズ森タワー52階東京シティビューで展示する。

リュック・ベッソン監督の最新SF映画「Valerian and the City of a Thousand Planets」で、レクサスがデザインをサポートした1人乗り追跡機「SKYJET」を用いたテクノロジーアート。LEXUSが描く未来のライフスタイルを「WOW」とコラボレーションし、未来の東京をドライブ体験できる装置となる。一人乗り追跡機「SKYJET」がハーフドーム型の映像装置に収納。体験者はドーム内に入り、「SKYJET」で未来の東京を疾走する360度映像を視聴し、没入感ある驚きの疑似ドライブを体験できる。

展示は312日まで、六本木ヒルズ 森タワービル52階 東京シティビュー内にて行う。