ブルガリ 東京レストランにて新鋭女性シェフとのコラボディナーを開催

2017.03.13

9

ブルガリ 東京レストランは、エグゼクティブシェフ ルカ・ファンティンと、世界の新鋭女性シェフとのコラボレーション・ディナーを、4月より開催する。

美食イベント「Epicurea(エピクレア)」。シーズン3を迎えた2017年は、初めての試みとして年々世界でも注目されるトップ女性シェフを招聘し、ブルガリ 東京レストランのエグゼクティブシェフ、ルカ・ファンティンと共同でコースメニューを創り上げる。

世界ベストレストラン50の「最優秀女性シェフ賞2016」に輝いたフランス人のドミニク・クレンが4月に来日。自身のレストラン「アトリエ・クレン」をオープンしてから僅か2年で、アメリカの女性シェフとして初めてミシュランの2つ星を獲得した。9月には、「最優秀女性シェフ賞2017」を獲得したスロベニア人のアナ・ロスが来日する。

「Epicurea」は、4月17日・18日ドミニク・クレン、9月12日・13日アナ・ロスを招聘。料金は3万5000円(1人 ワインペアリングを含む。税、サービス料別)となる。