スイスホテル南海大阪、春のグルメフェアを開催

2017.03.14

4

スイスホテル南海大阪では、館内のレストランやバーで春を存分に楽しむグルメ企画を開催。旬の食材をふんだんに使ったメニューを多彩なラインナップで用意している。

36階 イタリアンレストラン&スカイバー「タボラ36」の「春のカクテルフェア」では、日本初の京都産クラフトジン「季の美」をベースに、タボラ36専属のミクソロジストが考案した春限定のオリジナルカクテルを用意。4月1日~6月30日、各1000円にて提供。

10階 日本料理「花暦」が提供する「お花見弁当」では、旬の食材をたっぷり詰め込んで「春」を表現した4月1日~30日、5250円にて提供。

10階 中国料理「エンプレスルーム」の「春爛漫コース」は、「桜鯛」や「桜海老」、春の息吹を感じる野菜など、旬食材を使った季節を感じてもらえる料理の数々を用意。4月1日~30日、1万2000円にて提供する。

10階 ワイン&ダイン「シュン」の「タパス フュージョンコースは、スペインの小皿料理タパスと大阪のソウルフード串揚げが同時に楽しめる。