セイコー「ワイアード」より、新シリーズを発売

2017.04.20

3

セイコーウオッチは、「ワイアード」から、新シリーズ「SOLIDITY(ソリディティ)」を、希望小売価格2万2000円+税~3万円+税にて、全国の「ワイアード」取扱店で発売する。

発売はアナログクロノグラフモデルが5月12日より、BEAMSプロデュースによるデジタルクロノグラフモデルは6月9日からの発売(一部BEAMS店舗でも発売)を予定している。

「ワイアード」は、ファッション性と機能性を融合した東京発の次世代ウオッチとして、2000年に誕生した。

「アナログモデル」は、稜線を際立たせた面で構成され、輝きと存在感を放つ重厚感のあるケースに、別体ベゼルやビスをあしらい、タフでアクティブな印象に仕上げている。BEAMSプロデュース「デジタルモデル」は、1980年に発売された「サイボーグ風デジタルウオッチ」を、現代の若者に向けてリデザインしたモデル。当時のレトロな雰囲気を纏いながらも、WIREDならではの主張や存在感が表現された新鮮なモデルとなる。