ジェシカ・チャステインがレッドカーペットに登場

2017.05.19

6

カンヌ国際映画祭が5月17日開幕。素晴らしい才能を持った輝き溢れるトップスターが選んだのは、斬新かつ独創的なピアジェのクリエーションだった。

ピアジェ・インターナショナルブランドアンバサダーであり、カンヌ国際映画祭70周年というアニバーサリーイヤーの今年、名誉ある審査員のひとりに選ばれたジェシカ・チャステインは、ルビーとダイヤモンドがセッティングされた、最新ハイジュエリーコレクション、「Sunlight Journey(サンライト・ジャーニー)」のネックレスとリングをグラマラスなブラックのドレスに合わせて登場、レッドカーペットでまばゆいばかりの存在感を放った。

ピアジェは長きにわたって、映画と芸術の支援に尽力しています。2017年にインディペンデント・スピリットアワードのトップスポンサーとして10年目を迎え、ピアジェは引き続き、創造的な人材と映画製作の技術を国際的に支援していくことを約束する。