クレア・ワイト・ケラーが手掛けた初のティザーキャンペーンを開催

2017.07.12

3

ジバンシィは、新デザイナー クレア・ワイト・ケラーが手掛けた初のティザーキャンペーンを発表。ミステリアスなオーラに包まれたモノトーンのビジュアルは、世界的に著名な写真家、スティーブン・マイゼルにより撮影された。

ジバンシィ・ウーマンとは、類稀なるセンスを持ち合わせ、シンプルな装いでもまるでドレスを着ているかのような空気を纏う女性のこと。

ワイト・ケラーは、メゾンのアーカイブを探求するなかで、ユベール・ド・ジバンシィの動物への深い愛情を再認識。そこから着想を得た彼女は、1953年に登場したオレンジの目を持つ猫のシルクプリントにインスパイアされ、今回のキャンペーンに猫を登場させた。

このキャンペーンはクレア・ワイト・ケラーの初コレクションに先駆け、世界中のメディアで展開される。ワイト・ケラーのデビューコレクションは、SS18パリファッションウィーク期間中の10月1日に開催を予定する。