セイコークロック、掛時計2機種を発売

2017.08.04

8

セイコークロックは、前身である精工舎が1892年(明治25年)にクロック製造を開始してから今年で125周年を迎えるのを記念して、「伝統の継承と進化」をテーマにした掛時計2機種を9月下旬より全国で販売する。

「GP301B」は、精工舎創業期を代表するテンプ式八角小型掛時計からインスピレーションを得たクラシカルな意匠に、衛星電波を受信して時刻修正を行うムーブメント(機械体)を搭載。伝統と先進技術の融合を象徴する1000個の数量限定品となる。枠には高級木材のウォルナットを使用。量感豊かなかたちを彩り、ガラス縁の渋い金色とのコンビネーションはアンティークな雰囲気を演出する。

「GP218L」は衛星電波を受信して時刻修正を行う「セイコー スペースリンク」シリーズのフラッグシップモデルとして、衛星から撮影した地球を商品全体に大胆に表現。新しい時代の幕開けを象徴する記念デザインとなる。

「GP301B(木枠掛時計)」は、9月22日発売。「GP218L(ガラス枠掛時計)」は、9月15日発売。