六甲山ホテル、「グランドフィナーレ ステイプラン」発売

2017.11.09

1

六甲山ホテルは、12月末で閉館となる。88年の長きにわたる愛顧に感謝し、フィナーレを飾るにふさわしい宿泊プランを販売する。

宝塚ホテルの別館として開業した六甲山ホテル。戦前戦後の激動の時代を乗り越え、本年7月に88周年を迎えた。

日本三大夜景のひとつ「神戸1000万ドルの夜景」と、1室しかない「特別室」、さらに神戸ビーフや活オマール海老を使った「スペシャルディナー」をセットにした特別プランを12月限定で用意する。六甲山上からの眺望とともに贅沢なひとときを満喫できる。

「グランドフィナーレ ステイプラン」は1室 7万円(1泊2食付 / 1日1室2名限定)。1室しかない 特別室で、スペシャルディナーコース(活オマール1尾のグラチネと三大珍味、神戸ビーフのフランベ など)を愉しむ。特典として1000万ドルの夜景を一望できる窓側席を確約する。朝食は和洋バイキング。昭和初期発行のホテルパンフレット(ミニサイズ レプリカ)をプレゼントする。※料金はサービス料・消費税込