Tissot Heritage Banana Centenary Editionに新色モデル登場

2017.12.04

1

2018年1月に「Tissot Heritage Banana Centenary Edition(ティソ ヘリテージ バナナ センテナリー エディション)」からシルバーフェイス×茶革ストラップの新色モデルを発売する。

10月に発売し、好評の「Tissot Heritage Banana Centenary Edition」は、1916年に登場したオリジナル「バナナ・ウォッチ」の誕生から100周年を経た記念すべき復刻モデル。手首に添うかのようにカーブする長方形ケースに、文字盤には中央から放射状にデフォルメされた数字インデックスが伸びるこの本物の意匠は、その高い支持によって、時代を超越することを証明している。

今回、多数のリクエストに応え、シルバーフェイスの新色モデルが登場。新色モデルは、日本限定モデルと同様の黒のインデックスが踊るシルバーフェイスに、ブルーの針を採用。レザーストラップは型押しの茶革ストラップを合わせた。

新色モデルは2018年1月発売。