セイコー プレザージュ「青琺瑯モデル」発売

2017.12.07

1

セイコーウオッチは、繊細に作り込まれるダイヤルに琺瑯を施すことができる日本有数の職人・横澤 満(よこざわ みつる)さんが手がける濃紺の琺瑯ダイヤルが魅力の新製品を12月28日より、セイコー ブティックおよび全国のセイコーウオッチサロンで発売。希望小売価格は10万円+税となる。

セイコーは、1900年代初頭に国産初の腕時計「ローレル」を発売以来、機械式時計作りの技術開発と技能向上に邁進し、1960年代後半には、スイスの精度コンクール(機械式腕時計部門)において、世界トップレベルの座を獲得した。

本作では腕時計を冬の月夜に見立て、無限に広がる夜空を濃紺の琺瑯ダイヤルで表現、静かに浮かぶ三日月を秒針で演出した、情緒あふれるデザインに仕上げている。

「セイコー プレザージュ セイコーブティック、セイコーウオッチサロン専用 青琺瑯モデル」は、希望小売価格10万円+税。12月28日発売予定。