フランク ミュラーのフェアを伊勢丹新宿店にて開催

2018.01.04

5

1月10日より伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージにてフランク ミュラー ウォッチランドの誇り高き技術を披露する。

フランク ミュラーは、1992年のブランド創設当時より、その時計づくりにおける創作基準として最も重点をおいてきたのが、「ユニークピース」という腕時計作り。そのために、多種にわたるケースの大きさや文字盤のデザイン、そして多彩な文字盤のカラーバリエーションを展開している。

本イベントに際し、スイス・ジュネーブのフランク ミュラー ウォッチランド社より腕時計の顔ともいえる特徴的なビザン数字に色彩を入れる職人が来日。まるで極小のキャンパスに絵を描くような繊細で美しい「時」の世界は圧巻だ。

「TRESSE(トルース)」は、シャンパンカラー×ダイヤモンド×ピンクゴールド、3つのエレガンスが輝きを刻む新宿伊勢丹先行モデル。

「Timelsss Elegance ~輝きを刻む~」は1月10日~16日、伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージにて開催。