「HIZEN5(ヒゼンファイブ)」第一弾はアクセサリー

2018.02.05

1

佐賀県は、「肥前窯業圏」の陶磁器文化の魅力を発信する「わかものやきものプロジェクト」の一環として、やきものが名産の唐津、伊万里、武雄、嬉野、有田の5市町によるブランド「HIZEN5(ヒゼンファイブ)」を立ち上げた。

肥前の各産地では、 互いに切磋琢磨しながら、独自の華を開かせてきた。そこから生まれた個性豊かな作品は全国に流通し、暮らしの中に陶磁器を浸透させるとともに、海外からも称賛されており、肥前のやきもの文化を支えている。2016年には日本遺産に認定された。

第一弾となる今回は、やきものを使ったアクセサリーを制作。窯元と学生、アクセサリーデザイナーがコラボレー ションし、オリジナルのピアスやネックレスを制作。福岡の感度の高いインスタグラマーたちがSNSで発信するとともに、3月10日~11日で開催される「わかものやきもの市」にて販売する。

「わかものやきもの市」は、3月10日・11日10時~17時、唐津市呉服町商店街周辺にて開催する。