カミラ・カベロ、ブルガリを纏いグラミー賞授賞式に登場

2018.02.06

10

1月28日、ブルガリを纏ったアメリカ人シンガー/ソングライターのカミラ・カベロが、ニューヨークのマディソンスクエアガーデンで開催された第60回グラミー賞授賞式に登場した。

授賞式でカミラに華を添えたのは、古代ギリシャ・ローマ時代より「英知」や「永遠」にシンボルとして人々を魅了する蛇を模した、ブルガリのアイコン「セルペンティ(イタリア語で蛇の意)」の、ホワイトゴールドにダイヤモンドをあしらったイヤリング、ブレスレットとリング。指先にはローマの壮麗な遺跡、コロセウムからインスピレーションを得た、アイコン「ビー・ゼロワン」のダイヤモンドをあしらったリングが輝いた。

2700年以上の歴史を紡ぐ永遠の都、ローマに息づく美を宿したブルガリのジュエリーは、レッドカーペットに舞い降りたカミラに、グラマラスな煌きをもたらした。

ブルガリ ジャパン