ベラ・ハディッドがブルガリのダイヤモンドジュエリーを纏い登場

2018.05.15

3

5月11日、仏国カンヌにて開催された第71回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットにブルガリのダイヤモンドジュエリーを纏ったベラ・ハディッドが登場した。

ブルガリのブランドアンバサーでもあるベラ・ハディッドのデコルテにセンシュアルな煌きを添えたのは、ルネサンス期のイタリア庭園からデザインインスピレーションを得た「ジャルディーニ イタリアーニ」のホワイトゴールド製のネックレス。腕元には古代ギリシャ・ローマ時代より「英知」や「永遠」のシンボルとして人々に崇められた蛇を模した「セルペンティ(イタリア語で蛇の意)」の、マザーオブパールのダイアルとパヴェダイヤモンドが輝くタイムピースとダイヤモンドをあしらったリングを纏った。

5月12日に開催された、仏版「フィガロ」誌のディナーには、ブルガリのアイコン「ディーヴァ ドリーム」のネックレス、イヤリングに、1カラットのダイヤモンドをあしらったスタッズピアスを2つ纏い、登場した。