「Santos de Cartier -living for the thrill-」を開催

2018.05.15

2

1904年に世界初の実用的腕時計として誕生した「サントス ドゥ カルティエ」が、現代の男性に向けてよりモダンに生まれ変わった。5月10日、東京・六本木ヒルズにて、新コレクションを記念した一夜限りのイベント「Santos de Cartier -living for the thrill-」を開催した。

Takramによるフライトレーダープロジェクションや、展望台の窓一面を使用しパリの街を飛行できるフライトゲーム、デジタルを駆使したDJパフォーマンスなど、アルベルト・サントス=デュモンの精神、カルティエの革新性を感じることができるデジタルコンテンツを用意し、700名を超えるゲストにその世界観を楽しんでもらった。

これから夏にかけて、現代のイノベーター、クリエイターに参加してもらい、ワークショップ「SantosLab」を開催。新たなインスピレーションを生み出す場を提供する。

詳細はこちら