「アルハンブラ(R) コレクション」に新作登場

2018.06.07

4

最初のアルハンブラ ロングネックレスが誕生した1968年から50 年が経つ今年、ヴァン クリーフ&アーペルは、メゾンの歴史と共に歩むこのコレクションに新たな作品を加え、この象徴的なジュエリーを称える。

ヴァン クリーフ&アーペルが初めて幸運のシンボル「アルハンブラ(R) コレクション」を発表したのは、1968 年のこと。四つ葉のクローバーから着想を得たそのモチーフは、メゾンの時を超えるスタイルと比類ないサヴォアフェールを象徴する存在となり、永く愛され続けている。

最初のアルハンブラ ロングネックレスの誕生から50 年を経た今、メゾンは、アルハンブラの流れるようなしなやかさとデザインの優美さを際立たせた、新たなクリエーションを発表。グレーマザーオブパールが湛える虹色の光沢は、気高く輝くダイヤモンドと柔らかなピンクゴールドによってその美を完成させ、一方オニキスの漆黒には、洗練されたホワイトゴールドとダイヤモンドが添えられた。