大粒ダイヤモンドを使用できる婚約指輪の新作リング発売

2018.07.13

6

G・T・B・T(ジー・ティー・ビー・ティー)は、オリジナルブランドから0.5ct~1ctの大粒ダイヤモンドを使用できる婚約指輪の新作リングを7月13日より全国のビジュピコで発売開始する。

日本では0.2ct~0.3ctのダイヤモンドを留められる婚約指輪が主流だが、ビジュピコでは大粒ダイヤモンドを留められる0.5ct~1ctの婚約指輪も続々と増やしている。今回発売する新作の婚約指輪は結婚指輪(マリッジリング)との重ね着けもできるデザイン性の高いコレクションとなっている。

スペイン語で「本の扉」を意味するポルターダは、ファッションリングのトレンドとブライダルを融合した新感覚のブランドで、多くの人たちに支持されている。

「LUKAS(ルーカス)-道すじ-」Dia0.5ctから/Pd950が34万7760円から。※価格は全てダイヤモンド込みの税込価格。「LUMEN(ルーメン)-月光-」Dia0.5ctから/Pd950×K18YGが34万3440円からとなる。

PORTADAのブライダルリングはこちら