ブルガリ、4度目となる世界最薄記録を樹立

2018.08.01

3

ブルガリは、ケース厚が僅か3.95mmの「オクト フィニッシモ トゥールビヨン オートマティック」を発表し、ブルガリのウォッチメイキングの領域において、4度目となる世界最薄記録を樹立し、またひとつ新たな偉業を果たした。

2014年の「オクト フィニッシモ トゥールビヨン」、2016年の「オクト フィニッシモ ミニッツリピーター」、昨年の「オクト フィニッシモ オートマティック」に続くこの発表は、昨年のジュネーブ ウォッチ グランプリで「オクト フィニッシモ トゥールビヨン スケルトン」と「オクト フィニッシモ オートマティック」がダブル受賞を成し遂げ、広く認知を得たブルガリの熟練のウォッチメーキングをさらに裏づけることとなった。

「オクト フィニッシモ トゥールビヨン オートマティック」は、定評のあるアイコンモデルが更なる薄さに挑戦するために、全構造上における技術的な躍進を果たした。

「オクト フィニッシモ トゥールビヨン オートマティック」は1347万円(税抜)。50本限定。