「セルペンティ」コレクションにピンクゴールド製のダイヤモンドリングが登場

2018.09.09

3

9月、ブルガリの「セルペンティ」コレクションよりピンクゴールド製のダイヤモンドリングが登場した。

古代ギリシャ・ローマ時代より、「英知」や「永遠」のシンボルとして人々に崇められてきた蛇を模した、ブルガリのアイコン「セルペンティ(イタリア語で蛇の意)」は、蛇のしなやかな曲線と官能的な魅力を精緻に再現したデザインにより、1940年代に誕生して以来、世界中の女性を魅了してきた。

このたび登場したリングは、センシュアルな蛇をリアルに描き、ピンクゴールドとパヴェダイヤモンドの優美な煌めきに溢れる。なじみやすいサイズに再解釈された蛇の鱗(スケール)モチーフと、ブルガリが誇る「トゥボガス技法」により実現したしなやかな着け心地は、より幅広い装いにあわせて楽しむことができる。

「セルペンティ」の新作リングは、全国のブルガリ・ショップにて発売する。

ブルガリ ジャパン