ファーブル・ルーバのフリーダイバーがメダルを獲得

2018.10.09

2

10月、フリーダイビング世界大会CMAS world championshipsに、ファーブル・ルーバのフリーダイバー、HANAKO(廣瀬花子)と木下紗佑里が出場。HANAKOがFIM種目で銅メダル、木下紗佑里がCWT種目で銀メダル、FIM種目で銀メダル、CNF種目で銅メダルを獲得。ファーブル・ルーバの腕時計「レイダー・ディープブルー」は二人の全てのダイブをサポートした。

HANAKOはFIM種目(ロープを引っ張る)において 86m を記録し、銅メダルを獲得。木下紗佑里は出場した3種目すべてでメダルを獲得。CWT種目(フィンあり)において96mで銀メダル、CNF種目(フィンなし)において66mで銅メダル、FIM種目(ロープを引っ張る)において 90m で銀メダルを獲得。ファーブル・ルーバの時計「レイダー・ディープブルー」はHANAKO、木下紗佑里の全てのダイブをサポートした。

「レイダー・ディープブルー」は、28万800円(8%税込)となる。