「バザー アイコンズ バイ カリーヌ・ロワトフェルド」開催

2018.10.31

4

10月25日、女性ファッション誌「Harper’s BAZAAR(ハーパーズ バザー)」が開催するシークレットパーティ「バザー アイコンズ バイ カリーヌ・ロワトフェルド(BAZAAR ICONS BY CARINE ROITFELD)」が今年も東京で開催された。パーティのために来日した「ハーパーズ バザー」グローバル・ファッション・ディレクターのカリーヌ・ロワトフェルドとともに、ブラックカーペットには多数のセレブリティが登場した。

この日セレブリティが纏ったのは、古代ギリシャ・ローマ時代より「英知」や「永遠」のシンボルとして人々を魅了する蛇から着想を得て誕生したブルガリのアイコンコレクション「セルペンティ」。センシュアルな蛇を模したジュエリー、ウォッチ、バッグは、グラマラスなデザインと満ち溢れる煌めきにより、見る者を魅了した。

ブルガリを纏ったセレブリティたちは、ATSUSHI、アンミカ、富永愛、橋爪愛、森星、山田優など。