「トワル ドゥ ジュイ」テキスタイルの「ブック トート」ができるまで

2018.11.07

2

ディオール 2019 クルーズ コレクションの新作バッグの中でも注目の「トワル ドゥ ジュイ」テキスタイルの「ブック トート」。その製作過程に迫る。

マリア・グラツィア・キウリがメゾンのアーカイブから見つけたこの「トワル ドゥ ジュイ」テキスタイルは、パリ アヴェニュー モンテーニュ30番地にムッシュ ディオールが初めて構えた「小間物」を意味する「コリフィシェ(Colifichets)」と名付けられたブティックの壁にも用いられた。この牧歌的な世界観のテキスタイルに、彼女は野生動物を登場させる。

バッグにいきいきと描き出されるのは、トラ、サル、ライオン、ヘビといった森で共に暮らす動物たち。イタリアの家庭的なアトリエにて、総エンブロイダリー仕上げで作られる「ブック トート」はエンブロイダリー作業に42時間、160万以上のステッチを施されてようやく完成する。

2019 クルーズ コレクションは全国のディオール ブティックにて展開中。「ブック トート」は33万円(税抜価格)。