マリオ・カサス、ブルガリのアンバサダーに就任

2018.12.04

4

ブルガリは、スペイン出身の俳優のマリオ・カサスをオクトとビー・ゼロワンの新アンバサダーとして迎えることを発表した。

ブルガリは、1884年に創設されて以来、喜びに満ち溢れた人生を多くのデザインに映し出し、ローマンスピリッツと共に表現をしてきた。俳優として情熱をもって仕事に向き合い、トラディショナルでありながらもエレガンスさ兼ね備えたマリオ・カサスは、時には常識を打ち破るその凛とした佇まいが魅力。穏やかさの一方で、大胆さを感じるマリオだからこそ、ブルガリに選ばれた。その幸福感と確かな信頼性は、イタリア、スペインそしてラテンアメリカのもつラテンならではのキャラクターを彷彿とさせる。

スペインや中南米の映画業界で大変な人気を博し、名声のある俳優の1人でもあるマリオ・カサスは、「空の上3メートル」「ユニット7/麻薬取締第7班」「ヤシの木に降る雪」「インビジブル・ゲスト 悪魔の照明」などの映画でも国際的な名声を得ている。