「FREAK X(フリークX)」販売

2019.01.28

01

「FREAK X(フリークX)」は、文字盤も針も持たず、ムーブメントの軸周りを回転する最新のマニュファクチュール製フライングカルーセル バケットムーブメント。今日までのユリス・ナルダンで最も既成概念を超えるコレクションともいえる「フリーク」は、時計に求めるものを大胆にも最大限押し上げ、現状からの大改革を遂げる。

「Xploration」は、ユリス・ナルダンにとって、目的達成のための手段以上の生き方そのもの。英語の文字で「X」ほど様々な形で活用される文字はない。この24番目のアルファベット文字は、人気のXboxにはじまり、法的文書の署名代わりになったり、染色体や世代や交差ポイント、掛け算やトレジャーマップ上の「スポット」などに使われたりとあらゆる場面に登場する。

「フリーク X」は、フリーク コレクションへの入口として存在感を際立たせている。サイズは45mmではなく43mmと小ぶりだが、読み取りやすく、操作も簡単だ。