ダイヤモンド・プリンセス、船内設備の改修を実施

2019.02.05

1

プリンセス・クルーズは、ダイヤモンド・プリンセスの15日間に渡るシンガポールでのドライドックで、数百万ドルを投じた船内設備の改修を実施した。これはキャンペーン「カム・バック・ニュー・プロミス」の一環となり、ダイヤモンド・プリンセスで巡る新たなクルーズ体験を提供する。

屋外で映画、スポーツイベント、コンサートなどを見られる「ムービーズ・アンダー・ザ・スターズ」のスクリーンが、7.1chサラウンド・サウンド・デジタル・オーディオへと進化を遂げた。プールサイドのデッキでは、LED照明を強化し、より一層鮮明で躍動感あふれるエンターテイメントを楽しめる。

カジノでは、新しいカーペット、照明設備、薄型テレビに変更。ロータス・スパ & フィットネス・センターには、世界をリードするフィットネス機器メーカー、プリコー社の最新型フィットネスマシンを導入した。

ダイヤモンド・プリンセスや日本発着クルーズの詳細こちら