「ジョニーウォーカー ブルーラベル ジャパン リミテッド エディション 2019」ローンチイベントを開催

2019.02.06

1

MHD モエ ヘネシー ディアジオが取り扱う「ジョニーウォーカー ブルーラベル」は、日本への敬意をこめた限定デザインボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル ジャパン リミテッド エディション 2019」の発売に先立ち2月5日にローンチイベントを国際文化会館にて開催した。

来年2020年にブランド創設200周年を迎えるジョニーウォーカーは、先見性と揺るぎない品質へのこだわりを持ち続け、世界No.1ブレンデッドウイスキーとなった。その最高峰にあたる「ブルーラベル」から、伝統を守りながら進化を遂げてきた日本文化へのオマージュとして、ストライディングマンと共に力強く歩み続ける日本の姿を表現した、日本限定、かつ数量限定の「ジャパン リミテッド エディション 2019」が発売される。

イベントでは、日本古来のマジック・手妻(てづま)を藤山新太郎が披露。お囃子に合わせて一枚の紙で蝶の一生を語るプログラム「蝶のたはむれ」などを間近で鑑賞したゲストからは感嘆の声が溢れた。