ドイツ・ベルリンにて2020リゾートコレクションをマックスマーラが発表

2019.06.04

1

マックスマーラは、6月3日、ドイツ・ベルリンにて2020リゾートコレクションを発表した。

マックスマーラ2020年リゾートコレクションは、ベルリンの歴史、建築、芸術とクラフトマンシップへのオマージュ。ドイツを代表する「マイセン」の磁器を思わせるホワイト、ベルリンのヒロイン、マレーネ・ディートリッヒを彷彿とさせるルックが登場し、ショーにはキャロリン・マーフィーとウテ・レンパーもモデルとして参加した。

ショーの舞台となったのはベルリン新博物館。ベルリンの壁崩壊から30年、マックスマーラはこの歴史的価値のある刺激的な空間でファッションショーを発表する初めてのブランド。

ショーの後には同会場であるベルリン新博物館にて壮観なホワイトの「マイセン」のテーブルセッティングがフィーチャーされたポストディナーが開催され、日本からはモデルの森星さんをはじめ、世界各国の主要セレブが駆けつけた。