「シビうま」メニューを提供

2019.07.09

2

グランド ハイアット 東京では、コクある辛みが癖になる「シビうま」メニューを提供する。「チャイナルーム」では、本場四川の製法で作ったホテル特製の豆板醤をつかった激辛中国料理を、「けやき坂」ではオリジナルスパイスに漬け込んだ「けやき坂 ビーフ」をはじめとする、辛さの中にも旨みを堪能できるアイテムを用意する。

チャイナルーム(6階 中国料理)では、刺激のある辛みの中にもコクと旨味が凝縮された麻と辣をつかった激辛メニューを8月31日まで提供。「坦々冷麺(新メニュー)」2400円など。

けやき坂では、オリジナルスパイスに漬け込んだ上品な辛さのサーロインステーキと磯の香りをまとった黒鮑のソテーを9月30日まで提供する。「国産 黒鮑と京都夏野菜のスパイシーソース」1万4000円。

ほか、フィオレンティーナではグルテンフリーの冷製アラビアータなどが登場。提供は8月31日まで。「冷製 スパイシー アラビアータ」2700円となる。