ヴェネツィア国際映画祭のオープニングセレモニーにブルガリを纏ったセレブが登場

2019.09.03

1

8月28日、イタリア、ヴェネツィアにて開催された第76回ヴェネツィア国際映画祭のオープニングセレモニーレッドカーペットに、ブルガリを纏ったセレブリティが登場した。

ブルガリUKのブランドアンバサダーであり、モデルであるレディ・キティ・スペンサーは、ブルガリの「映画と銀幕のスターとの蜜月の関係」から着想を得て誕生した、新作ハイジュエリーコレクション「チネマジア」のエメラルドと ダイヤモンドをあしらったネックレス、イヤリングに、同じくエメラルドとダイヤモンドをあしらったリングを纏った。

イタリアの女優イザベラ・フェラーリは、古代ギリシャ・ローマ時代より「英知」や「永遠」のシンボルとされる蛇を模したアイコン「セルペンティ」のネックレスに、センターに約14カラットのグリーントルマリンをあしらったリングと約21カラットのマンダリンガーネットをあしらったリングをレイヤードに重ね、着用した。