マザーハウス、天然無処理のルビーを用いたジュエリー発売

2019.09.16

3

マザーハウスは、6カ国目の生産地となるミャンマーにおいて、現地の鉱山で採掘される天然無処理のルビーを用いたジュエリーを生産し、マザーハウスの各店、オンラインストアにて販売を開始した。

マザーハウス第6の生産国は、世界最高級のルビーの産地として有名なミャンマー。そこで出会った美しく、希少な天然無処理のルビーを用いて、その原石のありのままの美しさを活かしたジュエリーをつくった。オリジナルのルビーを身に着ける方が、自分自身の輝きを信じて、強く、新しい一歩を踏み出せるように。そんなデザイナーとしての想いを、唯一無二の赤の輝きを放つルビーに込めた。

Naked シリーズ「Naked Ruby(single)ネックレス」5万7240円(税込)、「Naked Ruby(double)ネックレス」6万4800円(税込)、「Naked Ruby(triple)ネックレス」7万1280(税込)、「Naked Ruby(triple-V)ネックレス」7万3440円(税込)など。