セイコーウオッチ、2機種の数量限定モデル発売

2019.10.03

2

セイコーウオッチは、本格スポーツウオッチ「セイコー プロスペックス」と日本の美意識を体現するウオッチ「セイコー プレザージュ」から、2機種の数量限定モデルを12月7日に全国および、海外市場において発売する。販売数量は各1000本、希望小売価格は35万円+税(SARK015)、38万円+税(SBEC005)となる。

セイコークロノグラフの歴史は、1964年に開発された手巻ワンプッシュクロノグラフである「クラウン クロノグラフ」からはじまった。クラウン クロノグラフの次に開発に取り掛かったのが、セイコー初となる本格クロノグラフ「61スピードタイマー」だった。完全新設計のキャリバー6139は、クラウン クロノグラフに搭載されたコラムホイールに加え、ストップウオッチの動力伝達方式に「垂直クラッチ」を採用した世界初の自動巻クロノグラフであり、随所に感じさせる妥協なきモノづくりへの精神は現在にまで受け継がれている。

「50周年記念限定モデル」は販売数量は各1000本。