「ショーメ ティアラ セレブレーション Vol.2」開催

2019.10.04

4

令和の新しい時代を祝し、10月5日~27日まで、ショーメ銀座本店にて貴重なアーカイブピースのティアラを展示公開する。

この2点のティアラは、通常は一般公開されておらず、7月12日~8月28日までモナコで行われていたエキシビション「ショーメ イン マジェスティ」 – 宮廷のショーメ – で展示されていた作品となる。2018年に東京三菱一号館美術館で行われたエキシビション「ショーメの世界」でも一般公開された。

由緒あるジュエリーにはそれぞれ込められた意味がある。例えば「パンジーの花のティアラ」には「密やかに想いを伝える」という意味があった。日本でも和装の世界にTPOがあるように、カジュアルに身に着けられるものや、上級階級のみに許されているモチーフなど、シーンに合わせたティアラを身に纏うことが社交コードとされ、古くから社交界に出席する方の嗜みとされてきた。

「ショーメ ティアラ セレブレーション Vol.2」は10月5日~27日開催。