「キャトル ラディアント」 オープンワーク リング誕生

2019.11.08

1

ホリデーシーズンに向けて、ブシュロンのアイコンコレクション「キャトル」に、パリのアトリエの職人たちの卓越した技巧を凝らした「キャトル ラディアント」 オープンワーク リングが加わった。

2004年の誕生以来、唯一無二の存在感を放つこの作品は、クラシックでユニーク存在感を持ち、様々なバリエーションを育んできた。性別を問わずに身に着けられる「キャトル」は、ブシュロンのルーツでもあるコードを表現した4つのモチーフ(グログラン、ダイヤモンドのライン、クル ド パリ、ダブルゴドロン)で構成され、その一つひとつのデザインが強い個性と存在感を放つ。

「キャトル ラディアント」の新作リングは、ブシュロンにとってアイコニックなこのコレクションのコードを再解釈し、誕生した。個性はそのままに、クルド パリのモチーフにゴールドの繊細な透かし細工を施し、グラフィカルな手法で自己表現の可能性に挑んだ作品は、メゾンにとって新たな象徴的存在となる。