ガストロノミー 「ジョエル・ロブション」、「ミシュランガイド東京2020」三つ星に13年連続で選出

2019.11.27

3

フォーシーズが運営するフレンチレストラン「ガストロノミー 「ジョエル・ロブション」」は11月29日に発刊される、「ミシュランガイド東京2020」にて最高評価である三つ星に13年連続で選ばれ、スプーンとフォークの数で表記される快適度についても最高評価を得た。

「ガストロノミー 「ジョエル・ロブション」」は「ミシュランガイド東京」創刊から13年連続で料理、快適度、双方で最高評価を保持する唯一のレストランであり、今回も料理だけでなく建物、空間、サービスを含めたレストランそのものが「豪華で最高級」という評価を得ている。その他、フレンチレストラン「ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション」と「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」の2店舗も二つ星に選ばれた。

ジョエル・ロブションの芸術的かつ独創的な料理は世界の美食家から「皿の上の芸術」とも讃えられ、その技法、「料理は愛」という料理哲学は世界中の「ジョエル・ロブション」へ受け継がれている。