ヴァン クリーフ&アーペル展覧会を開催

2019.11.29

1

11月30日~2020年2月23日まで、ハイジュエリーメゾン、ヴァン クリーフ&アーペルの世界を披露するイタリアでは初となる展覧会「ヴァン クリーフ&アーペル:時、自然、愛」が、ミラノのレアーレ宮殿で開催される。1906年の創業から現在に至るまで、このメゾンで創造されてきた400以上のジュエリー作品、時計、芸術工芸品が一堂に会する。

当展覧会には、アーカイブ資料、スケッチ、グワッシュ画など、制作の諸工程を物語る資料とともに、メゾンが保存するコレクションやプライベートコレクションから厳選した貴重な作品の数々が会場に並ぶ。ミラノ市文化局とレアーレ宮殿が主催し、ヴァン クリーフ&アーペルとコローニ財団との協力により実現した本展は、ミラノ工科大学のジュエリーデザイン教授でヴィチェンツァ ジュエリー博物館館長のアルバ・カペリエーリがキュレーションを務める。

Van Cleef & Arpels:Time, Nature, Loveは、11月30日~2020年2月23日開催。