助演女優賞を受賞したローラ・ダーン、NIWAKAを纏い登場

2020.02.12

6

2月9日、米国ロサンゼルスで開催された第92回アカデミー賞の授賞式にて、助演女優賞を受賞したローラ・ダーンがNIWAKA(ニワカ)のハイジュエリーを身にまといステージに登場した。

ローラ・ダーンはその感動的な心に残る演技によって多くの観客と批評家たちの心を捉えてきた。彼女のアカデミー賞3度目のノミネートとなったノア・バームバック監督の映画「マリッジ・ストーリー」(2019)では、その素晴らしい演技が評価され、これまでゴールデングローブ賞、全米映画俳優組合賞(SAG)、英国アカデミー賞(BAFTA)、放送映画批評家協会賞をはじめ、パームスプリングス国際映画祭、サンタバーバラ国際映画祭、ゴッサム・インディペンデント映画賞など数多くの賞を授与されている。

ペールピンクのドレスで登場したローラ・ダーン。耳元には藤の花をモチーフにした「恋香(RENKA)」のダイアモンドイヤリングが輝き、手元には「唐花(KARAHANA)」のリング、そして「叶(KANO)」と「久遠(KUON)」のブレスレットを重ね着けし、優美なコーディネートで脚光を浴びた。

日本の美意識を伝えるジュエラーNIWAKAのジュエリーが、アカデミー賞授賞式のスポットライトの下でローラ・ダーンにいっそうの輝きをそえた。