特別饗宴「ヌーヴェル・クラシックの世界」開催

2020.02.17

4

ホテルオークラ東京が2019年9月に開業したThe Okura Tokyo内、「オークラ ヘリテージウイング」5階のフランス料理「ヌーヴェル・エポック」では、初となるコラボレーションイベントを開催する。2016年にミシュラン二ツ星を獲得し、クラシックをベースに切れ味鋭い料理でパリでも注目のシェフ、ジェローム・バンクテル率いる「ル・ガブリエル」(ホテル ラ・レゼルヴ パリ)がチームで来日。オークラ料理長 高橋哲治郎による「ヌーヴェル・エポック」と競演する、3日間限りのコースを提供する。

2015年開業した「ラ・レゼルヴ パリ」は、5ツ星以上の最高級ホテル「パラス」に認定されているパリ11軒(2019年12月現在)の中の1軒。全40室という小規模なたたずまいをラクジュアリーときめ細やかなサービスで包み、「パリの別荘」の異名の通り、隠れ家的なホテルとして人気を博している。

会期中は、二人のシェフが、日本の食材を中心とした選りすぐりの素材を、「新しいクラシック」の形で表現。ランチ・ディナーとも、ひとつのコースに双方の料理が組み込まれる。

特別饗宴「ヌーヴェル・クラシックの世界」は3月6日・7日・8日。*8日はランチのみの開催。限定コースメニューは、ランチ 2万円、ディナー 5万円(いずれも消費税・サービス料別)。*飲み物は別途。ワインペアリングメニューもあり。