「THE 9P SOCIETY」と題したウォッチイベント開催

2020.02.19

1

ピアジェは、2月19日「THE 9P SOCIETY」と題したウォッチイベントを、港区南麻布のプライベートレジデンス(游庵)で開催した。

ピアジェが創業以来培ってきたウォッチメイキングの歴史を紐解く同イベントでは、1957年に発表しセンセーションを起こした薄さわずか2mmの薄型キャリバー「9P」とそれに続く「12P」を搭載したアーカイブピースを始め、その後継となるムーブメントを搭載した現行のモデルが多数揃い、ウォッチムーブメントのパーツを模したディスプレイ台に展示され世界観を演出した。薄型時計のスペシャリストとして革新的なムーブメントを次々と誕生させ、夢を現実に変えてきたメゾンの軌跡をたどる貴重な一日となった。

一日の最後をしめくくる「THE 9P SOCIETY」ディナーイベントには、ピアジェが創業以来掲げてきた信条である「常に求められる以上に良いものをつくる」という価値観を持つ仲間たち、その価値観を共有する錚々たる顔ぶれが終結。奥田瑛二さん、塩津圭介さん、石上純也さんなど各方面の第一線で活躍する人々が一堂に会し、イヴ・ピアジェが1960年代に提唱し、創業以来ピアジェが培ってきたウォッチメイキングの歴史や複雑時計の数々を楽しむ華やかな夜となった。