「F&Bマスターズ優勝コース 裕翔(ゆうしょう)」を提供

2020.02.26

2

1月27日・28日の2日間にわたりヒルトン東京ベイで開催された料飲部門コンテスト「F&Bマスターズ2020」日本・韓国決勝大会において、ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城の中国料理レストラン「舜天」所属の外間 裕樹(ほかま・ゆうき)が、料理部門で優勝した。沖縄県内のヒルトンが展開するホテルとして、更にダブルツリーbyヒルトンとしても初の優勝者輩出となる。

ヒルトンの「F&Bマスターズ」は、新たな才能の発掘と人材育成を目的とし、料理・飲料の知識、技術と創造性を競う大会。ヒルトンで料飲や調理に携わる者のみでなく、部署を問わず全てのチームメンバー(総料理長や料理長など一部を除く)にエントリーするチャンスが与えられている。

外間が優勝した「料理部門(Culinary Challenge)」の決勝には14名が出場。唯一の中国料理のシェフだった。競技開始直前に使用する食材が通知され、メニューを考案し、他の出場者と共用かつ公開されたキッチンスペースで料理を作り、プレゼンテーションと審査員による試食までの3時間半を戦い抜いた。

F&Bマスターズ優勝コース 裕翔(ゆうしょう)」を3月1日~4月26日(水曜を除く)提供。提供時間帯はディナータイム。料金は1人7800円(税金・サービス料別)。*前日までに予約が必要。